月経血量の異常の治療なら東京銀座の婦人科、楠原ウィメンズクリニックへ

月経血量の異常・月経痛

過多月経の治療

月経血量が多いかどうか、他の人と比較ができませんので判断に困ります。
おおよその目安として月経血中に血のかたまり(凝血)が混入している場合は月経血量が多いと考えてよいでしょう。
さらに貧血がある場合は間違いありません。

過多月経の原因には2つあります。
一つは子宮に特に異常がなく体質的に過多月経となる場合です。
もう一つは子宮に異常がある場合です。

例えば子宮筋腫とか子宮腺筋症、あるいは子宮内膜ポリープなどです。
このような病気は婦人科で簡単に診断をつける事が可能です。
早目の受診をすすめます。

もし体質的な過多月経であれば治療法として低用量ピル(OC)の服用が効果的です。
OC服用にて月経血量が1/2~1/3に減少する事が期待できます。
もし子宮筋腫や子宮内膜ポリープがあればこれらの原因となる病気を手術等で治療することで過多月経を治すことが可能です。
特に高度の貧血がある方は治療をおすすめします。

強い生理痛(月経困難症)の治療

生理痛でも、その痛みが強いため日常生活に支障がおこる場合を月経困難症といいます。
これは2つに分類されます。
一つは子宮に特に問題がないにもかかわらず生理痛が強いものです。
これを原発性月経困難症といいます。
子宮は子宮筋という筋肉でできています。そしてその内側に子宮内膜という妊娠成立のための畑のような膜で裏打ちされています。
妊娠が成立しないと子宮内膜が剥がれて子宮の外へ排出されます。
この月経血中には子宮を収縮させるプロスタグランディン(Pg)というホルモン分質が含まれています。
月経期間中は子宮筋が収縮し月経痛がおこるのです。

さてその治療法です。
一つはこの多量に分泌されるPgをブロックする抗Pg剤が有効です。
2つ目の治療法としてピルを服用して排卵をストップして出血(月経と考えてよい)をおこすと、月経血中のPgは低いため子宮筋の収縮はおこらず月経痛が発生しないか軽く済みます。
またピルは月経痛を予防できるほか、月経血量も減らせますので生理の量が多く生理痛も強い人にはうってつけです。

<月経困難症(生理痛)の治療法>

・抗プロスタグランデイ作用の鎮痛剤(痛い時のみ服用可)
・ピル(過多月経も治療も可)

基本情報

楠原ウィメンズクリニック
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-2
銀座七宝ビル 6F (銀座A1出口すぐ上)
Tel. 03-6274-6433

大きな地図をみる

診 療 時 間
9:00 ~ 13:00 院長 院長 院長 女性
医師
(院長)
院長 院長
15:00 ~ 18:30 院長 院長 院長 院長

※日曜・祝日はお休み
※予約制ではありません。(精液検査は予約制となります)
※木曜日は主に大学からの女性医師の診察になります。